Kissoの三本の柱

Kissoの活動における三本柱




「学ぶ」
活動内容:学校建設、修繕、教材の製作、遊具の提供、マスクやプロジェクターなど必要備品の提供。
活動趣旨:教育は未来の可能性を広げるために必要不可欠なもの。安心して学べる環境を整えるために現地の教育委員会と連携して必要な地域に学校を建設していきます。
また、学校建設以外でも教材の少ないカンボジアで絵本作家さんと共同し、絵本の製作配布を行ったり、日本の学校と連携し、必要備品の提供などをおこなっています。

学校建設のスポンサーになっていただける企業様、団体様、個人の方は下記をご参考にしていただけますと幸いです。
学校建設


「働く」
活動内容:農村地域で「竹あかり」「エコ建築」「籐カゴ」を中心とした新たな産業作り。
活動趣旨:農村地域では90%以上の人たちが農業(お米作り)に従事しています。
しかし、農業で一年間暮らしていける家族は少なく、市内や隣国タイへ出稼ぎに行かなくてはいけない状況。お金が稼げなければ栄養のある食事を取ることも、必要な時に薬を得ることも出来ません。
そこで新たな産業として基本的に村にある「竹」や「植物」を使い新たな産業を起こし生活に必要なお金を稼いでいける環境を作っていきます。

 


「伝える」
活動内容:日本で全国ひ広がっている竹あかりの文化をカンボジアで伝え、カンボジア全土で伝統文化として広がり、仕事として伝わっていくよう各種イベントをおこなっています。
活動趣旨:伝統文化は人を感動させ、未来へ繋がる要素があります。悲しい歴史が近い過去にあったカンボジア、その歴史の上に立つ今『平和』『鎮魂』『幸せ』を竹あかりに込めて灯りをともしています。


「三本柱の相互関係」

生活の基礎作りには上記の三本の柱が相互関係を持つ必要があると考えています。

働ける環境は「現在」の生活の基盤を整え、学べる環境は「未来」の可能性を広げ、伝統文化は人を感動させ現代と未来を繋ぐ役割があります。

Kissoは三本の柱を元に人が尊厳を持って生きていく上で必要な生活の基礎作りを行なっていきます。



「Kisso School」

Kisso Schoolとは学べる環境、働ける環境、遊べる環境を一つの場所にギュッと詰め込み、そのすべてが自然なもので成り立つ学校です。小さな頃から様々な業種で働く大人の姿を近くで見る事で子ども達の選択肢は自然と広がり、大人も仕事に誇りを持てる。そして子ども達は自分のやりたい事を授業としておこなう事が可能で、子ども達が生み出したものがまた新たな可能性を広げるという循環型スクールになります。
こちらはカンボジア初の取り組みとして現地教育委員会と連携をとりながら2022年開校に向けて進行中です。

©  Kisso All Rights Reserved.
PAGE TOP