Kissoブログ

チョムリアップスォ!
カンボジアから代表のかでです😄

この度は件名にある通り重大なご報告で書かせてもらっています。
その前に少しだけ振り返らせてください。

2009年にカンボジアのシェムリアップ郊外にあるトロペアントム村に2教室の小学校を建設したところから私たちの活動は始まりました。

熱い気持ちを持った学校建設費用の出資者が80人、160万円の建設資金があつまり、
現地建設ボランティアは最初は4人から始まったのですが、気がつけば3ヶ月間で180人もの旅人が参加してくれていました。

その時に僕たち夫婦は人生で最高の

『幸せ』

を感じさせてもらい、その後の活動に繋がっていきました。

その後に行った幼稚縁建設、公園建設、運動会、卒業式、縁日、御神輿、絵本プロジェクト、10周年の大改修工事、、
、どれも最高に笑顔が弾ける時間で全てが心に焼き付いています。

大好きな人たちが、必要最低限の医療、衣服、食事、住居、教育を受けられていない。
大好きな人たちが、日本にどれだけ行きたいと願っても人生で一回も行くことができない。

ただ生まれた場所が違っただけ。。。

もっと繋がっていたい。
もっと笑い合いあたい。

たまたま日本に生まれることができた自分達が、少しだけでも力になれることがあるならやり続けよう。

もう亡くなってしまいましたが、日本に心から行きたいと思っていたおばぁちゃんが叶えられなかった夢を叶えられるような生活の基礎作りをできればと思い、2018年に家族でカンボジアに移住をし、働ける環境作りへの挑戦を始めました。

うまくいかないことだらけで2人で始めた会社の存続も危ぶまれ、夫婦共に余裕がなくなったときもありました。

でも、そんな僕らはカンボジアにいながらも雨風凌げる家に住めていて、栄養のある食事も摂れていました。

まだまだいけるはず。

自分達だけでなくこれまで繋がってきた人たちのことも信じたら少し心に余裕が生まれました。

少し上向きになってきた矢先に新型コロナウィルスが蔓延し、ツーリストビザの発給は止まりこれまでに出会ってきた人たちと会うことができなくなりました。

そして嫁の体調不良から嫁と娘は日本に帰国することに。

正直、心がもたないかも。。。

と思ったことがないわけではありません。

でも、ほとんどの期間村の人たちにたくさん笑わせてもらって、素晴らしい技術を身につけていく姿を見続けられていたお陰で自分自身のワクワクする気持ちが増していきました。

そして、2021年に挑戦をさせてもらったクラウドファンディングで600万円を越える資金があつまり、プロの竹建築職人さんに来てもらい、貴重な知識と技術を教えてもらい今では村の人たちが頼もしい職人となってくれています。

もちろんその間に女性スタッフも頑張って綺麗な籐カゴを編めるようになり、今年はリンネルに掲載していただいたり、コラボ企画で銀座三越での販売まで叶いました。

環境さえあればとても大きな可能性を秘めている村の人たちだと確信しています。

長くなりましたが、会社としての土台作りはできたかな。

と思えるラインまでおかげさまでこれたので、これからはNPO法人earth treeとして頼もしい正会員12名(内理事メンバー9名)と現地スタッフ&インターンのみんなと一緒に活動を大きく広げていきたいと思います!

そんな仲間にサポーターとして加わってもらえたら本気で嬉しいです。

NPO法人earth treeサポーター&ご寄付

 

サポーターがたくさんいるNPO法人はさらに上の法人格である認定NPO法人として活動していける可能性も高くなり、認定NPO法人となることができれば税制優遇措置のある領収書を発行することができるようになるので、ご寄付してくださる方々に還元できる部分もできてきます。

カンボジアの自然を大いに活かした建築方法、そして農業を発展させることにより都市部と農村部どちらに生まれても大きな可能性を信じて人生を歩める子ども達が増える未来を目指し活動を続けていきます。

一般社団法人Kissoの活動も大きく引き継ぎ、

『世代・国境の垣根を越える基礎作りから笑顔の循環する未来へ』

をビジョンにNPO法人earth treeは世界を明るく変えていきます。

みなさまありがとうございます!

そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

代表夫婦
加藤大地・由紀子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。