Kissoブログ
女性向け雑誌として発行部数日本一を誇るリンネルに掲載されましたー!
ちょうど一年前に立ち上げたカンボジア農村部の女性の雇用を生むブランドLOYLOY
8月にInstagramのメッセージで
────────────
LOYLOY様の
素敵なカゴを
InstagramやBASEで拝見して
細部にこだわられて
丁寧に作られた商品が
リンネルにぴったりでしたので
是非、読者の方々に
ご紹介ができればと
思っております!
────────────
と嬉しいメッセージをいただき、
掲載してもらえるなら手に取ってくれた人に全力で喜んでもらいたい!!!
と思い、今回掲載してもらったバッグのイメージを考案するところからスタートしました✨
正直、その頃の技術からすると挑戦ではありましたが、沢山の日本の仲間の力も借りて試作品を作る事ができ、
カンボジアの女性スタッフも試行錯誤しながら頑張ってくれて、胸を張って
『これは喜んでもらえる!!!』
と思える作品(商品』が完成しました🙌
ありがとうございます!!!
この商品は一つずつ手作りで作るので、月に最大限定30個ずつの受注販売とさせてもらっています✨
今月のご注文は残り24個です。
沢山の想いが詰まったタウナーバッグはリンネルとLOYLOYの共通の想いでもある
『心地よい暮らし』
を届けてくれると思っています♪
ご注文はこちらから↓

コメント

    • KT
    • 2022年 3月 02日

    大地さんこんにちは!三年ほど前に、イキイキツアーに参加させていただいた小学校教員のKTです。えっと、ゲストハウスでツアーの参加している人から当時はFBで大地さんとつながり、即日ツアーに参加した者です。(あ、全然思えていただけてなくても大丈夫です)僕がイキイキ学校を訪問したときは、農村部の若い女の子が先生をしていて、すごく衝撃的だったのを覚えています。あれから、教員を退職して大学院へ行き、教師を支援する方法などについて学びを深めました。一応再び教員の試験をパスできたので日本の学校で働きながら、いろいろな先生を助けていくこともできます。しかし、僕の脳裏に浮かぶのはカンボジアの「素人教師」の支援ができないか…ということです。今、僕なりに教師支援のNPOを作ろうかな…なんて計画を立てていますが、まだまだ青写真の段階です。ただ、またお力をお借りしたくなることもあるかもしれませんので、こんな場ですが、勝手に決意表明させていただきました。ぜひともまた、よろしくお願いいたします!!

      • kisso
      • 2022年 3月 02日

      おー!連絡もらえて嬉しいです!
      あれからそんな事になっているとは!
      僕で力になれる事やお互いやってる事でコラボ的に何か出来るなら是非是非です。
      村長さんの初孫今でも頑張って先生やってくれてますよ。
      いつでもお気軽に連絡ください!

      • kisso
      • 2022年 4月 22日

      KT久しぶりー!あれからそんな事を考えていたんだね!
      なんだかツアーがきっかけになって考え始めてくれたのは嬉しいな♪
      もし、何か聞きたいこととかあったらいつでも連絡してね!
      楽しみにしてるー♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。