Kissoブログ
こんにちは!
代表の加藤大地です。

お陰様で1月7日からスタートしたSDGsエコビレッジ建設へ向けてのクラウドファンディングが2月27日に終了しました。

最終目標としていた600万円も達成することができ、本当に皆様に感謝いたします。

以下は、妻であり理事でもある由紀子の振り返り文章になります。

=====================================

年明け1月7日、緊急事態宣言と同時に幕開けしたクラウドファンディング。

自粛傾向にあるこのご時世で、果たして『カンボジア初のエコビレッジを創りたい!』に賛同して目を向けてくれる人がいるのだろうか、と不安の中で始まりました。

それでも今までの繋がりから、ありがたいことに開始4日で100万円のご支援をいただくことができ、またFacebook上では自分の想いとして投稿してくれる仲間がたくさんいてくれることに勇気づけられました。

インターンメンバーとも本格的に始動したのもこの頃。週一のミーティングを重ね、それぞれの能力や積極性はもちろん、お互いが助け合える関係がとても素敵で、何より心強かった。

そんな中、クラファン停滞期は思っていた以上に早く来た。聞いてはいたものの初めの勢いはそう続かない。

それでも気持ちを絶やすことなく発信を続け、前を前を見続けてこれたのは、オンライン交流会やメッセージ、応援してくれる人たちの存在と温かい想いがとにかく励みになったから。

ご縁がご縁を呼び、ひとりひとりの行動と熱量からどんどん輪が大きくなっていく。
そしてみんなが自分事のように『頑張りましょう』『嬉しいね』『ありがとう』と言ってくれることが本当に嬉しかった。
残り1週間、まだまだゴールは遠かったし見えなかった。このプロジェクトを始動した時に決めていた『個別メッセージは送らない』という選択にさすがに焦ってきた。
そんな私とは裏腹に、代表の大地がみんなを信じる気持ちに変わりはなく、その信念に引っ張られるように私もすべてを信じること、そして委ねることにシフトした。
残り4日であと120万円…
残り2日半であと100万円…
さすがに今回ばかりは目標達成は無理かもしれないと思いがよぎる。
それでも達成することだけに意識を向けず、応援してくれている人に感謝を伝え続けていた。
前から手を引いて走ってくれる人、横で手を繋いで走ってくれる人、後ろから背中を押してくれる人、本当にみんなと一緒に走っている感覚。みんなエコビレッジに向かっていた。
最終目標600万円を達成した瞬間は、たまたま大地と2人で話ししている時だった。
力み張り詰めていたものが一気に緩み、自分が言った
『達成したね』
に、日本とカンボジアで離れる選択をしたことやそれでもやり切れたこれまでの道のりにジワァ〜と込み上げて来るものがあった。
***********************************************
このご時世でも、このプロジェクトを通じて改めてみんなとの繋がりやご縁、そして大地との絆が深まり、今後の人生において大きな財産となりました。
この確かな繋がりを持ってまだ見ぬ明るい未来に夢に向かって進んでいきます。
ありがとうございました!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。