Kissoブログ

絵本作家・谷口智則さんとの共同企画で作成した『おねぼうなたいようさん』が5州に渡る幼稚園、小学校約2000校、また病院や孤児院なども含め、
約40万人の子ども達のもとへ配布される事になりました事をご報告させていただきます。

カンボジアは11月より新学期が始まるため、約2週間に渡り各州の教育委員会を中心に教材絵本の作成の経緯や内容の説明をおこなってきました。どの州の教育委員会でも教育委員長さんがご対応くださり、
絵本を大変興味深く読んでくださりました。また、孤児院や病院では院長さんや看護師さんとお話しをし、
子ども達には直接お渡ししてきました。特に孤児院の子ども達は渡すなり、大きな子ども達が読み始めてくれ小さな子ども達は興味津々に聞いていて、微笑ましい光景でした(#^^#)また、この活動が認められ5州の教育委員会から感謝状を授与される運びとなり、
ありがたく受け取ってきました。今回のプロジェクトを通し、子ども達に絵本を届けるためにご協力くださった皆様はもちろん、
この話しを二つ返事で受けてくださり一年の間に何度も現地カンボジアまで足を運んでくださった谷口智則さん、
編集のお手伝いをしてくださった西山さん、
また今のカンボジアの中で良い形で絵本にするために尽力くださったクロマーマガジンの谷岡さんをはじめ皆様、
通訳のマリンちゃん、
智則さんに繋げてくれた谷やん&えのやん、それ以外にもたくさんの方のご協力でこうして一つ子ども達の未来の可能性を広げられる絵本を形にすることができました。この場を借りてあらためて感謝いたします!!!また、谷口さんも来年あたりに読み聞かせに来てくれる予定にもなっていますし、
来年も第二弾が動かせれば良いなと思っています。「シリーズ物は3部作以上で本物」これは私自身が勝手に思っていることなので、
形に出来るようまだまだ真っ直ぐ活動していきたいと思います。来年は100万人ぐらいの子ども達に届けたい!これもまた、私自身の中で勝手に妄想し目標にしている事です。また、みんなで形に出来たら、そしてみんなが笑顔になれたらこんな幸せなことはありません。大変な時間や、たくさんの壁にぶつかる時間の方が長く、
花開く瞬間はあっという間だったりもしますが、
花開いた瞬間の喜びは病みつきになるほど嬉しい瞬間だったりもします!第一弾絵本プロジェクトは一旦こちらで終了しますが、
Kissoの活動は止まりません。引き続き温かく見守って応援していただけるよう日々精進していきたいと思います。2019年もあと二か月となりましたが、
お身体もご自愛しつつ良い2019年になり、さらに良い2020年に繋がるようカンボジアの大きな空の下より願っています。Kisso代表
加藤大地ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー1ヶ月1000円〜で助かる人たちがいる。任意の期間Kisso会員になって応援してくれる方大募集!↓↓↓*Kisso会員大募集中!🇰🇭http://kisso.site/support/*Kissoツアー詳細http://kisso.site/tour/*インターン生&ボランティア大募集🌻http://kisso.site/staff/✉️お問い合わせ✉️info@kissomail.org

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA